7つの季語

超特急の7人を季語に例えてみました。 過去にツイートをしたメンバーもいるのですが、少し付け足したいところが出てきたので、この機会に全員分考えてみました。 1号車 コーイチ 【 白夜(夏)】 ・北極、南極を中心とする地域で、日の出前および日没後の…

花の妖精(6・7号車)

6.ユースケくん(元気担当) ‘‘ キンシバイ ’’ 学名 Hypericum patulum科・属名 オトギリソウ科・オトギリソウ属英名 Tall St. John’s wort 原産地 中国 ○ 花言葉 ・きらめき ・悲しみをとめる ・秘密 ・太陽の輝き ・魔よけ ひと際目を引く眩しいほどの黄…

花の妖精(4・5号車)

4.タクヤくん(筋肉担当) ‘‘ ギョイコウ ’’学名 Cerasus lannesiana ‘Gioiko’科・属名 バラ科・サクラ属原産地 日本 ○ 花言葉・永遠の愛・優美・心の平安・精神美・優れた美人 古くから多くの人々に愛されるサクラ。その絶対的な佇まいが、存在感のあるタ…

花の妖精(1・2・3号車)

彼らを景色に例えてみたり、短歌に例えてみたり、似合う洋服を考えてみたり。 だけど、日常生活でも馴染み深い「お花」に例えたことって、今の今までなかったなあ。と、思い立ってしまったので、それぞれのイメージカラーが主流のお花で簡単に例えてみました…

大衆向け

大衆向けには穴がある。仕方のないことなんですよ。大衆に向けているのだから、それだけ、納得させてくれる何かがあるって「それなりに」思っちゃうわけ。こちらも。 「それなりに」期待してしまうから、抜けを感じると残念な気持ちになったり。コンテンツ以…

気骨稜稜

深夜に、放送終了音を聞きながらツイッターをする。なんていう趣味の悪いことをしていると、思わぬところでゾーンに入ってしまったので、のちのち噛み砕きやすいように置いておきます。 ところで、気骨稜稜ってふなつくんの為に生まれた言葉のようですよね。…

心の話をします。

門をくぐって間も無いところに分かれ道があって、そこを右に進むと、薄っすらと日が射し込む生温かい部屋にたどり着く。左に進むと、ガラス張りの壁の前にたどり着く。こちらの壁の真ん中には、ロックのかかった扉があって、近くにはご丁寧にそれを解くため…