7つの季語

超特急の7人を季語に例えてみました。

過去にツイートをしたメンバーもいるのですが、少し付け足したいところが出てきたので、この機会に全員分考えてみました

 f:id:rnucc:20161025003231j:image

 

1号車 コーイチ

【 白夜(夏)】

・北極、南極を中心とする地域で、日の出前および日没後のかなり長い時間にわたって薄明が続く現象。

コーイチくんは、ほのかに明るい夜がよく似合う気がします。陰陽がせめぎ合って幻想的な風景と、夜に現れる堂々たる光が、他をさりげなく導き照らし出すコーイチくんの器量の良さを思わせます。

コーイチくんは、本当の白夜だけでなく、都会のネオンもよく似合いますね。あまり、いやらしくなりすぎず正々とした色っぽさのあるイメージです。

 

2号車 カイ

【 夏の露(夏)】

・夏の朝霧がおりて涼しげなこと。

葉っぱがぴんっと、水を弾くみずみずしい姿が活き活きとしていて潤いのあるカイくんのようです。夏で暑い陽気の中、ほんの少しの露で涼しさを演出する様子が、カイくんの外見や言動の清涼感と重なります。

カイくんは春とも迷いました。カラッとしていてポカポカとあたたかい気候が似合うなあとも思ったので。

 

3号車 リョウガ

【 片陰(夏)】

・日陰。特に、夏の午後に家並みなどの片側にできる日陰。

リョウガくんは、夏でいうと片陰のようで、閑散とした街並みがよく似合う気がします。ただ、そこに象徴的に佇むというよりは、街の生活に溶け込んでしまうような。日差しの中で、やっと一息つくことのできる片陰の安心感や、ぽつねんと吸い込まれるような薄暗さの両方が、彼を思わせます。

リョウガくんは、肌寒い季節や、あとは梅雨とも迷いました。しとしと降る雨に覗く鮮やかな草木と、じんわりと温かいぬかるみも彼のようだと感じたので。

 

4号車 タクヤ

【 秋の水(秋)】

・秋のひややかで澄んでいる水。

タクヤくんは、秋の水って言えばいいのかな。都会的な魅力のある彼ですが、人里離れた森の深奥にある川のほとりや、静々とした池泉がよく似合う気がしました。長閑に日が射すのに、ひんやりとしていて。それが彼のまろやかであって芯の強い表情を思わせます。

タクヤくんは、普段から秋のイメージが強いので、季節に関しての迷いはなかったです。彼の外見や内側からなる透明感を意識しました。

 

5号車 ユーキ

【 花信風(春)】

・花の咲くのを知らせる風。初春から初夏にかけて吹く風をいう。

ユーキくんは、冬の名残を思わせる真っ赤な椿の花の側から、つーっと離れて桜の花びらを迎えに行くようなイメージです。彼の通ったあとの花々は、天に吸い込まれるように高らかにそよいで、春らしく色づいていくような気がします。

ユーキくんも、普段から冬の終わりや春のイメージが強いので、季節に関しての迷いはなかったです。嫌味のない華やかさと爽やかさを尊重しました。

 

6号車 ユースケ

【 春疾風(春)】

・春に激しく吹き起こる風。

花の甘い香りを香らせながら、冬の寒さを大きく吹き払って季節の交換を果たすその姿が、ユースケくんの甘いマスクと柔らかな性質、そして力強い信念を思わせます。

ユースケくんの季節は、他に初夏と初冬が候補にありました。最終的に春に決めました。春一番とも迷ったのですが、意味合いは同じようなものでも、ここはあえて春疾風にしました。雨を伴うことがある強風でも、ユースケくんに当てた春疾風は雨を伴わないものと考えています。疾風の字面通りに凛々しく美しいイメージです。

 

7号車 タカシ

【 風花(冬)】

・晴天に、花びらが舞うようにちらつく雪。

青く澄んで晴れ渡った空に、純白で柔らかな雪がひらひらと舞う姿が、タカシくんそのものを表しているようにさえ思えてきます。ひんやりと心地の良い気候と、控えめに降る雪の欠片の清潔感や美しさが、タカシくんの礼儀正しく粛々とした性質や端正なルックスに重なるような気がしました。

タカシくんには、冬の晴れた日のイメージがあって、かわいらしい表情やかっこいい表情の他に、アンニュイで儚い表情が多い印象を持っているので、風花は即決でした。

後々付け足したいところが出てきそうですが、案外するすると決まりました。ここまで読んでくださりありがとうございます。

花の妖精(6・7号車)

6.ユースケくん(元気担当)

f:id:rnucc:20160626184217j:image

‘‘ キンシバイ ’’

学名 Hypericum patulum
科・属名 オトギリソウ科・オトギリソウ属
英名 Tall St. John’s wort
原産地 中国

花言葉

・きらめき

・悲しみをとめる

・秘密

・太陽の輝き

・魔よけ

ひと際目を引く眩しいほどの黄色と、丸く開いた印象的な花びらがハツラツとしたユースケくんを連想させます。

花言葉の「きらめき」「太陽の輝き」は、彼の存在によって、周りがその身に感じる印象そのものを言葉にしたようで。「悲しみをとめる」 は、彼の「元気担当」に込める想いとも取れるような気がします。そんな言葉の中でも、異彩を放つのが「秘密」と「魔よけ」。自分が見て触れたものを、せきららに伝えようとしてくれる彼ですが、自身が繊細だからこそ意識的に歩み寄れる賢さがあるんじゃないかなあ。そういった、全てを飲み込んだ上でやり切るような一面や、そのポテンシャルの高さが「秘密」や「魔よけ」という言葉とリンクするように思います。

そして、このキンシバイ。日当たりが悪いと、花付きが悪くなってしまうので、日当たりの良い場所で育てるのが最適な花なんです。常に光を求め、それに向かって猛進できる実直な彼のようですね。枝をどんどん広げて成長するので、広いスペースが必要という点と害虫に強いという特徴も、常に大きな舞台を連想させる彼のダイナミックなパフォーマンスと、不屈の精神を彷彿とさせます。

キンシバイは、梅雨に咲く花です。気候に左右されてジメジメとした気分が、ぱっと明るい気持ちになりますね。

 

 

7. タカシくん(末っ子担当)

f:id:rnucc:20160623001700j:image

‘‘ カラー ’’

学名 Zantedeschia aethiopica
科・属名 サトイモ科オランダカイウ属
英名 Calla lily Arum lily
原産地 南アフリカ

○  花言葉

・清純

・乙女の清らかさ

・華麗なる美

・清浄

・熱血

ぱりっと洗礼された風貌と、まっすぐに力強く伸びた茎が、高身長ですっきりとした印象のタカシくんにぴったりです。ただ見栄えがいいだけではなく「個性的な形状をしている」というも点もユーモラスな彼にしっくりときて、実のところ即決でした。

花言葉も「清純」や「華麗なる美」であったりと、彼らしく清らかで美しいものばかり。そんな中でも、決め手となったのは「清浄」と「熱血」。そこにあるだけで周りの空気が澄んでいくような清潔感と、他を優しく受け入れる円やかで豊かな彼の感性が「清浄」を思わせるような気がします。そして、なにごとにも真摯に取り組み、後退しない姿勢の彼に「熱血」という言葉は不可欠だと思いました。

このカラーというお花。もちろん、白い部分が花かと思いますよね。でも実は、花の本体は中心の黄色い部分で、花に見える部分は葉なんです。おどろきですね。存在感のある清楚な外見で、深奥にあるエキセントリックさを包み込んでいるようなところが、なんとも彼らしい。

カラーは、切り花やアレンジメントによく使われる花なので目にする機会は多いかと思います。凛々しくてかわいらしいのでオススメです。

 

最後は、ユースケくんとタカシくんでした。ついついツイートが長くなってしまうところがあるので、長めの文を書く際には今後はブログを使ってみようかと思います。

花の妖精(4・5号車)

4.タクヤくん(筋肉担当)

f:id:rnucc:20160624230019j:image
‘‘ ギョイコウ ’’
学名 Cerasus lannesiana ‘Gioiko’
科・属名 バラ科・サクラ属
原産地 日本

花言葉
・永遠の愛
・優美
・心の平安
・精神美
・優れた美人

古くから多くの人々に愛されるサクラ。その絶対的な佇まいが、存在感のあるタクヤくんを思わせます。

花言葉も、美しく優れた容姿を表す言葉はもちろんのこと「精神美」や「心の平安」など、高潔な彼にふさわしいものばかりですね。中でも注目していただきたいのは「永遠の愛」。この言葉は、刹那的な生き方を良しとしない彼の、潔癖な性質に合うような気がします。
サクラで注意しなければならないのが「枝の切り口から病気にかかってしまうことが多く、害虫にも弱い」という点です。決して、枯れやすくか弱い花というわけではないのですが、こういったデリケートな面がガードの固いタクヤくんとリンクするなあ。なんて思ったり。
ギョイコウの名所は各地にあるので、興味のある方はぜひ行ってみてください。

 

5.ユーキくん(ドジっ子担当)
f:id:rnucc:20160624232734j:image
‘‘ デイジー ’’

学名 Bellis perennis
科・属名 キク科ヒナギク
英名 Daisy
原産地 ヨーロッパ地中海沿岸
花言葉
・純潔
・美人
・明朗
・平和
・希望
・無意識
・乙女の無邪気
・あなたと同じ気持ちです

デイジーの人々を惹きつけて離さないポップでかわいらしい風貌が、ユーキくんを連想させます。
数年前の彼を例えるのであれば、この選択肢はきっとなかったんだろうなあ。この花は、紆余曲折を経て成長した現在の彼にぴったりとはまるような気がします。(肩の力を抜けるようになったと言った方が、語弊がないかもしれません。)
花言葉は、平和や希望などの前向きな言葉が、壮大な彼の思想を思わせます。努力を「無意識」のように魅せるところや、ワンマンプレイヤーのようで「あなたと同じ気持ちです」と、人の機微に触れて気持ちを共有できる素直さもまた、彼のようです。
ちなみに、害虫は赤という色を認識できません。他を寄せ付けない赤い花の一面は、ユーキくんの気高い姿にぴったりですね。
デイジーは、ポピュラーな花なので興味のある方は、育ててみてください。

 
前回の続きで、今回はタクヤくんとユーキくんに似合う花を選びました。次回は、残りのふたりについて書きたいと思います。

花の妖精(1・2・3号車)

f:id:rnucc:20160623024233j:image

彼らを景色に例えてみたり、短歌に例えてみたり、似合う洋服を考えてみたり。

だけど、日常生活でも馴染み深い「お花」に例えたことって、今の今までなかったなあ。と、思い立ってしまったので、それぞれのイメージカラーが主流のお花で簡単に例えてみました。「捧げる」のほうがしっくりくるかも。

 

 

1.コーイチくん(お父さん担当)

f:id:rnucc:20160622015743j:image

‘‘ サンシモン ’’

学名 Aeonium arboreum cv.Atropurpureum
科・属名 ベンケイソウ科・アエオニウム属
英名 Purple crest aeonium
原産地 地中海西部 モロッコ

花言葉

・永遠

・いい予感

・先取り

まず、黒くて美しい花。これって、自然界で力強く育つものではないので、パッと見つからないんですよね。やっと見た目が美しいものを見つけても、花言葉が悲観的だったり。

ただ、愛にまつわる花言葉がほとんどを占めていて、その艶っぽさみたいなものが、コーイチくんのようだなあ。というのは、強く思いました。頭を捻っているうちに、この、一筋縄ではいかないところがコーイチくんっぽいなあ。とも。

前置きが長くなりましたが、コーイチくんに捧げたいのは、サンシモンというお花です。厳密には葉なのですが、シックで大人な風貌が妙にしっくりきたので、こちらを選びました。この花の和名である「黒法師」。ここにも、ぴんっとくるものがありましたね。

そしてなにより、サンシモンの「黒く光る肉厚の葉っぱ」を際立たせるために必要不可欠なものが「太陽の光」というところも、決め手のひとつでした。

花言葉に関しては「永遠」という言葉が持つロマンチックさと「いい予感」の小気味良さが、彼の飄々とした身のこなしに、ぴったりのような気がします。

重要なのが、サンシモンは「水を与え過ぎることによって枯らしてしまう」このパターンが非常に多い植物というところです。ここが、道理で動かせないコーイチくんらしい。寒さにも弱く、季節によって育てる環境を変えなければならない気難しさもあります。

ポピュラーな観葉植物なので、興味がある方は育ててみてください。

 

 

2.カイくん(神秘担当)

f:id:rnucc:20160621155905j:image

‘‘ ネモフィラ ’’

学名 Nemophila menziesii
科・属名 ムラサキ科(ハゼリソウ科)ネモフィラ
英名 Baby blue eyes Five spot
原産地 北アメリカ

花言葉

・華麗なる成功

・荘厳

愛国心

・他人思い

・清々しい心

・あなたを許す

青は青でも、淡い瑠璃色の花びらがカイくんの爽やかな風貌とリンクするなあ。と思ったので、この花を選びました。

花言葉は、言うまでもなく彼にぴったりですよね。他人思いでよく気がつくところ、描いたビジョンを叶えられるバイタリティ、自らを美しく着飾って高めることのできる気高さ。どれも彼にふさわしい。

ネモフィラは繁殖力があって、強い日差しがなくとも丈夫にすくすくと育つのが特徴なので、この花はとても育てやすいんです。なんというか、そういう手のかからないところも、カイくんのようで。内面の親しみやすさと、外見の風格。まさにといった感じです。

写真は一輪ですが、ネモフィラは大群が絶景なので、ぜひ検索をかけてみてください。個人的にオススメです。

 

  

3.リョウガ(ガリガリ担当)

f:id:rnucc:20160621160442j:image

‘‘ ストレプトカーパス ’’

学名 Streptocarpus

科・属名 イワタバコ科・ストレプトカルペラ亜属
別名 ストレプトカルプス
原産地 アフリカ マダガスカル 熱帯アジア

花言葉

・真実

・このささやきに耳を傾けて

・信頼に応える

・主張

・清純な愛

花茎の部分が細くて華奢なところが、まるでリョウガくんのようです。

花言葉だって、とっても彼らしい。「信頼に‘‘応える’’」に関しては、リョウガくんが周りから寄せられている信頼の根源、その理由のような言葉だなあ。と、ジーンとすらきました。

「このささやきに耳を傾けて」という言い回しから感じられる柔らかい主張も、また彼らしい。

真実や清純というのも、彼が隠したがる真摯な一面にぴったりのような気がします。

そして、ストレプトカーパスは、直射日光に弱く、育てるのが比較的むずかしい花なんです。くわえて暑さにも多湿にも弱いので、美しい風貌そのままに繊細です。環境や物音に敏感なリョウガくんみたいだなあ。

ちなみに、この花の名前にも少々リンクするところがありまして。この、ストレプトカーパスの「ストレプト」。ギリシア語で「捻れた」を意味するんです。どうでしょうか。素直じゃない感じが、ちょっと似てますね。

この花の紫は、たくさん種類があるので育ててみると出た色に愛着が湧くかもしれません。

 

自由に書いてみたんですけど、案外すらすら出てきました。これも彼らの美しさがあってこそ。残りの4人も固まっているので、追い追い書いていきたいと思います。

大衆向け

大衆向けには穴がある。仕方のないことなんですよ。大衆に向けているのだから、それだけ、納得させてくれる何かがあるって「それなりに」思っちゃうわけ。こちらも。

「それなりに」期待してしまうから、抜けを感じると残念な気持ちになったり。コンテンツ以外にも、よく、道理にかなったような、注意喚起をしているひとを見かけるけれど、それも同じ。

なにより「そう思う。」が「そう思いませんか?」に変わってしまったときに、穴がいちばん広がるような感じがする。自己完結であれば、まあ、そういう考え方もあるよなあ。で終わるものを「普通は。」だとか「○○なのだから。」みたいに、断定的と受け取れる言葉でつづるようになった途端に、胡散臭さが生まれてしまうような。

慈愛と謳うときも同じで。愛って簡単に語りやすいテーマのようで、当たり前に難しいというか。掴めない題材なんて使わなければいいのになあ。と思ったり。ね。

 

どうしようもない人間っているけれど、まあ、わたしも含めて。だからって、それを操作しようとするのは、いかがなものかなあ、とも。

スルースキルって大事。自分自身がここぞというときに流しきれないから、輪をかけて思うのだけど。ほら、今みたいに。

なんというか、ここまで、軸も決めずに勢いでくどくどと言ってきたけれど、ひとつの考えを多くの人間が寄り添って支える形が苦手なんです。それを言いたかったのかな、わたしはきっと。

気骨稜稜

深夜に、放送終了音を聞きながらツイッターをする。なんていう趣味の悪いことをしていると、思わぬところでゾーンに入ってしまったので、のちのち噛み砕きやすいように置いておきます。

 

ところで、気骨稜稜ってふなつくんの為に生まれた言葉のようですよね。

 

自分の信念を曲げずに、厳正に貫こうとする態度のこと。
「気骨」は自分の信念を貫こうとする性格。
「稜稜」は威勢があって厳正という意味。

 

彼の大好きな曲。signalの歌詞にも通ずるところがある素敵な言葉だと思います。

 

ふなつくんって、ここぞというときの間合いの良さみたいなものが、いつもいつも光っているなあって。粛々と一歩うしろに下がることで、自分との距離を相手の調節に委ねているような。飄々としてみえて、あらゆる物音に耳を澄ましているようなところがあるよなあ。とか、思ったり。

 

自頭が良いというかなんというか。人に好かれる距離というのを、感受することが得意で、尚且つそれを道理でも考えることができる。自分のことを、理屈っぽいと表しているし、彼の頭の中は、こちらが思っているより何倍も高速で回転しているんだと思う。

 

大抵の人間は、この、感覚と理論。どちらか一方であれば、持ち合わせがあると思う。だから、頭ではわかっているのに。だとか、なんでかはわからないけれど。みたいなものが生まれるというか。ふなつくんは、その両方をバランス良く持ち合わせているような感じがして。きっとそれも意識の中にある。

 

もっと話せるようになりたい。っていうのは、それこそ、ふなつくんが言っていた言葉通り、彼の中に元々あるものからうまく引っ張り出せるように。という思いのような感じがして。

 

精進します。の意味を持ちながら「器用なだけでは、頭で考えるだけでは、まだまだ伝えきれていないビジョンが自分の中にはもっともっとある。」なんていう、周囲の人間から描かれている彼の像からは、意外とも取れる思いからきている節もあるのかな。って。もどかしさを払拭したいというような。

 

自分自身のことをちゃんとわかっていて、自分に明るいというところはあると思う。場面で顕示することが苦手だから、自分の好きなものを強烈にアピールしてしまったり、きっとそれも何割かはワザとなんだろうな、と思ったり。それが彼の前向きの形なんだろうな、とも。

 

飛び抜けているものだったり、強調されているものは、なにかを補う役割を担っているということ。それは、自然発生のように見えて、その人の強い意識の元で出来上がっているということ。ふなつくんが、運命を信じないと言っていたのは、現実主義的なだけではなくて、そういう背景が関係しているのかな。

 

ここに繋げていきたい言葉が、日々更新されていくのは、彼の魅力が眩しいと思うくらいに光っているからです。

心の話をします。

門をくぐって間も無いところに分かれ道があって、そこを右に進むと、薄っすらと日が射し込む生温かい部屋にたどり着く。
左に進むと、ガラス張りの壁の前にたどり着く。こちらの壁の真ん中には、ロックのかかった扉があって、近くにはご丁寧にそれを解くためのヒントが記されている。

突然のクイズを怪訝に思ったものは、道を引き返して右の部屋へと戻るだろう。

逆に胸を躍らせるようなものは、なんなくクイズを解いてみせるだろう。
クイズを解いたものは、晴れ晴れとした気持ちになる。しかし、ふと視線を前に戻すと、見える風景はカラカラと乾いた砂漠。程なく、見返りもない陳腐なクイズによって、人生の貴重な時間を浪費していたことに落胆する。僅かな期待を込めて扉を開けてみても、先まで続く砂漠があるだけ。しぶしぶ引き返して右の部屋へと戻るだろう。

しかし、それでも何かあるはずだと、身を奮いたたせ灼熱の砂漠を歩く変わったものも、中にはいるだろう。何もないただの砂漠。自分は何をしているのだろうと故郷に思いを馳せ、身も心も空っぽになったところで、ひとつの扉が見える。
息も絶え絶え、一縷の望みを込めてその扉をあける。
すると、そこには薄っすらと日が射し込む生温かい部屋があるではないか。と、呑気にくつろぐ人間、浮かない顔をした人間が数人。

もがいても、最後にたどり着くのは同じ客間。他人の心奥に潜るということは、そういうことのような気がします。